2018年12月07日

ソフトバンク回線とモバイルSuica

先日、ソフトバンクの回線が
使えなくなるトラブルがあったとき、
ソフトバンクユーザーは焦ったでしょうね。

中でも、スマホのおサイフケータイ決済をしたり、
スマホでチケットを見せるサービスを受けようとしていたひとなどは、
かなり困ったようです。

普段、なにげなく恩恵を受けているのが
突然使えなくなったときどういう状態になるか、
やっとわかった感じがします。

関係なさそうなモバイルSuicaも、
実は影響をうけたとか。

決済に繋がる部分が利用できなくなるという盲点、
停電を恐れたことはありましたが、
通信がうまくいかなくなることは考えなかったので、
なにもかも無心はダメだなあと感じました。

これから、IOTとか、5Gとか、
携帯電話の電波を使ったサービスがどんどん進んでいくみたいですが、
一旦、今回のような通信障害があると
かなり大変な事態になるということが分かりましたよね。

------------------------------------

また、電子決済サービス「モバイルSuica」アプリも被害を受けた。チャージ済みの電子マネーの利用は可能だが、新たな入金や公式サイトでの乗車予約など、モバイル回線を利用する機能が一部制限されていたようだ(NHKの報道)。モバイルSuicaの公式サイトでも、新規のチケット購入や払い戻し、モバイルSuica特急券の受け取りなど、モバイル通信が必要な操作に問題が生じたと案内している。

(ITmedia--- 2018年12月6日)
------------------------------------------------------------
posted by monimoni100 at 23:33| 電子マネー関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

顔認証で決済までする店舗

顔認証は、スマホでできるようになってきたのが
つい最近のような気がしますが、
コンビニの決済でそれの実験店舗ができるのだとか。

カメラでの顔認証技術で入店や決済をするとのこと。

見ただけで人を特定して、
現金や電子マネーを自分が手続きしなくても、
決済ができてしまうとのこと。

すごいですけど、これが実用的になったとき、
ぜんぜん関係ない決済を、
顔が似ているだけで
決済されてしまったりはしないのでしょうか。

そんな馬鹿なことが起きないように
きっとなにかあるのでしょうけど、
まだそんな便利な決済方法に思い及ばないので、
ちょっと不安になってしまいますね。

------------------------------------

コンビニ大手のセブン‐イレブン・ジャパンは、12月、顔認証で決済することができる実験店舗をオープンする。

この店舗は、カメラでの顔認証技術を用いて、入店や決済ができるというもので、来店客を特定し、現金や電子マネーを使わずに、会計ができるもの。

(CNET Japan--- 2018年11月22日)
------------------------------------------------------------
posted by monimoni100 at 16:57| 電子マネー関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

PayPayのポイント還元キャンペーン

PayPayというサービスが、
今度ソフトバンク系で導入されるようですね。

QRコードによるモバイル決済サービスですね。

いまちょうど、世間的にもこちらのほうへ
進めようとしている、ちょうどいいタイミングです。

インド最大のモバイル決済サービスをベースにしているとのことで、
それに伴って、キャンペーンが大規模に行われるとか。

アジアの方ではかなりメインだという、
QRコード読み取りで決済するやり方、
日本ではあまり見かけませんが、
選択式とはいえこれから普及していくのでしょうか。

キャンペーンは、PayPay支払いで、
支払額の20%が残高として還元されるそうで、
想像してみると、大盤振る舞いという感じはします。

ただ、わたしはちょうどソフトバンクの各サービスから離れたところで・・

なんでもかんでもポイント還元といって、
しばりをきつくされている感じがイヤだったのですよね。

そういうのと、還元というシステムは
両立させてこそ成り立つのかもしれませんから、
仕方なかったのかも。

------------------------------------

PayPayは、ソフトバンクビジョンファンドが出資するインド最大のモバイル決済サービス「Paytm」の技術をベースにしたキャッシュレス決済サービス。あらかじめ銀行口座からチャージした電子マネー(PayPay電子マネーまたは、Yahoo!マネー)と、クレジットカードによる2種類の支払いに対応しており、店舗などの事業者が表示したQRコードをユーザーがアプリで読み取る「ユーザースキャン」方式と、ユーザーがアプリで表示したコード(バーコード、QRコード)を店舗側がレジなどで読み取る「ストアスキャン」方式の2通りが利用できる。

(CNET Japan--- 2018年11月22日)
------------------------------------------------------------
posted by monimoni100 at 13:21| スマホ決済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

自販機をアプリでキャッシュレス

電子マネーで買える自動販売機は
Suicaで購入可能なものとかは使ったことがあります。

コカ・コーラの自動販売機では、
アプリと連動するものがあるのですね。

その中で、自動販売機と連動するアプリの新機能として、
アプリにカード情報を登録して、
自販機でのキャッシュレス決済ができるようになったのがあるとか。

キャッシュレスになるのは、
電子マネー決済だけかと思いましたが、
クレジットカードとひもづけるのであれば、
電子マネー利用は関係なく、アプリをいれて、
登録しさえすれば、利用ができそうですね。

キャッシュレスがまたひとつ身近になったかなと思います。

このコカコーラのアプリも
自販機だけでなく小売りのレジでの決済にも
広げていけそうな可能性もかりそうですよね。


------------------------------------

日本コカ・コーラは、自動販売機と連動するスマートフォンアプリ「Coke ON」の新機能として、アプリ上にクレジットカードなどの決済情報を登録して、自動販売機でキャッシュレス決済ができる「Coke ON Pay」を提供開始した。

「Coke ON Pay」は、全国に約27万台設置されている「スマホ自販機」で順次対応の予定。

(ケータイ Watch--- 2018年11月3日)
------------------------------------------------------------
posted by monimoni100 at 00:35| 電子マネー関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

ふるさと納税はポイントや金券返礼

ふるさと納税については、
あまりにも華美になった返礼の品物が×だということで、
総務省から通達が出ているのですよね、
ニュースでだいぶ前に知りました。

それに対応するには、
妥当な金額のものに下げたり、
地場産品に切り替えたり、
各自治体で工夫していることでしょうが、
ほんとうはもらう側も、
華美なほうが魅力があったに違いありません。

ですが、たぶん、いずれ禁止になるかもしれませんが、
まだポイントや金券での返礼品はあるようです。

いまなら、ふるさと納税の返礼品として、
そういったものが選べるので、
もし返礼品について魅力を感じているひとは、
今のうちにやってみるのがよさそうですね。

------------------------------------

 しかし、総務省が「寄付額の3割を超える価値のある返礼品や、地場産品と言えない家電や金券などの返礼品については、ラインナップから外すように」といった内容の通知を出したことで、2018年10月頃から「金券・ポイント」の返礼品が激減してしまった。2018年11月1日現在でも、自治体によっては「金券・ポイント」の返礼品を用意しているが、いつラインナップから外されてしまうかわからないので、もし「金券・ポイント」の返礼品が欲しいなら、早めに申し込むのがおすすめだ。

(ダイヤモンド・オンライン--- 2018年11月3日)
------------------------------------------------------------
ラベル:ふるさと納税
posted by monimoni100 at 19:50| 金融関連全般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

ローソンPontaカードのクレジットカード

Pontaポイントを日頃貯めている人は
「ローソンPontaカード」で貯めている人が多いのではないでしょうか。

私も「ローソンPontaカードでPonta」ポイントを貯めています。

この「ローソンPontaカード」にクレジットカード機能が付いているカードがあって、
そのカードだとローソンでPontaポイントが2倍で貯まるのは知ってました?

私は、一応、知っていましたが、
クレジットカードは既に5・6枚あるので作らずにいますが、
Pontaポイントをもっと貯めたいという人はポイントが2倍貯まる
「JMBローソンPontaカードVISA」にするとお得ですよ。

ローソンでカード支払いにすると「100円で2ポイント」もらえますから!

カードで支払うのはサインするのが面倒だと思っている人は多いと思いますが、
1万円以下の買い物ならサインレスなので、現金より早く支払いが完了するので、
現金払いより早くレジを済ませることができます。

そこら辺についていろいろ解説しているサイトがあります。
↓こちらのサイトです。
「ローソンPontaカードVISAとETCカード作成方法」

年会費は永年無料で、ETCカードも作れるそうです。

コンビニのクレジットカードということもあり、
学生とか主婦の方でも作れるそうです。

それと、今、キャンペーンも開催されていて、
「JMBローソンPontaカードVISA」をローソンで使うと、
PontaポイントとJALマイルがダブルでもらえるそうです。

ということは、100円で3円分以上のポイントが貰えるということです。

JALマイラーの人は特に見逃せないキャンペーンかもです。
posted by monimoni100 at 14:42 | TrackBack(0) | リンクサイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

宝くじのネット販売開始

宝くじのネット販売が、
10月24日から開始されたとか。

以前からtoto BIGとかは
ネットで販売されていましたよね。

今回階差知れたのは、普通の宝くじを
カード決済で買えるとのことで、
ポイントも貯まるそうです。

ポイントでいくらかでも返ってくるなら、
ちょっとお得感はあるかもです。

店頭で現金で買う分にははずれたら終わりですから。

カード決済は、本人認証など行うカード登録が必要だとのこと。

家族カード以外の、
数多くのカードで利用することができるようなので、
宝くじ購入への敷居は確実に下がりますね。

みずほ銀行に口座を持っていて、
ネットバンキングを利用していた方は
以前からネットで宝くじを買えていたんですよね。

それとは違うシステムでの開始ということなのかな。

------------------------------------

事前に支払口座を登録していない場合は、クレジットカードの登録と、受取口座の登録が必要となる。

クレジットカードのカード番号、有効期限を入力し「本人認証へ」ボタンをクリックする。なお、宝くじの購入で利用できるカードは、UCカード、ライフカード、セゾンカード、イオンカード、JCBカード、MUFCカード、DCカード、NICOSカード、オリコカード、エポスカード、TS CUBIC CARDだ。対象カードであってもAmerican Expressブランドや、家族カード、法人カードなどは利用できない。

(ポイ探ニュース--- 2018年10月24日)
------------------------------------------------------------
ラベル:宝くじ
posted by monimoni100 at 15:24| クレジットカード関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

日本のキャッシュレス化には壁

中国では、2年くらいの間に
キャッシュレス化が一気に進んだそうです。

日本はまだまだ、キャッシュレス化は進んでおらず、
たまに現金派が、「ひととのふれあい」といった見当違いな視点で
現金でのやりとりを回顧してくるような状況・・

それが変わるときが来るとは、
今の段階ではあまり予測ができません。

しかし実際に現金決済が
不利な感じになっているのは確かですね。

メガバンクの両替手数料の値上げ、
振込手数料の窓口での値上げ、
ATM手数料が無料だったのを有料に・・といった感じで、
各所からちょっとずつ不利な雰囲気が広まっているのがわかります。

銀行などが先導してキャッシュレスに移行しないと、
わりを食う消費者がまだまだ出そうで困ります。

------------------------------------

これはただの未来予測ではない。胎動はすでに始まっている。この超低金利時代に苦境にあえぐ銀行にとって、現金派は「カモ」になるのだ。

長い時間ATMに並んで預金を引き出しに来たり、窓口で現金を引き出したりしてくれる高齢者たちからは、さらにおカネをとればいい――。

気がつけば、昨年からメガバンクは両替の手数料を相次いで値上げし、窓口なら300円から500円程度とられるし、新生銀行はATMの現金引き出しで今年10月から108円の手数料をとることになった。

(現代ビジネス--- 2018年10月20日)
------------------------------------------------------------
posted by monimoni100 at 01:34| 金融関連全般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

みずほ銀行のSuicaチャージがメンテでできなかったとのこと

みずほ銀行口座と紐づいたSuicaがあるそうなのですが、
これを利用している方が、
みずほ銀行口座からのSuicaチャージができなくなっていたため、
Suicaにチャージできず、
結果改札を通るのに一苦労した、
という話がありました。

なぜそうなったかというと、
みずほのオンラインサービスがメンテナンスで停止していたから、のようです。

普通のインフラがメンテナンスのためとはいっても
ちょっと止まるということはあんまりないですね。

でも、銀行であれば休業もあるし、ATMは閉まります。

それを考えれば、そういう影響をひとつも考えないで
普段、電子マネーチャージが行われているというのは、
金融機関がインフラとして整備され、
止まらないのを前提にサービスされ続けなくてはならない、
ということを実感させます。

社会はこういったことを
当たり前としたサービスが背後に動いているので、
ふいにそれがなくなったとき
人がどういう感じで困るか、考えさせられました。

------------------------------------

ご存じの方も多いと思うが、みずほ銀行は、次期勘定システムへの移行に伴い、2018年6月からほぼ毎月のペースで月に3〜4日、ATMをはじめとするオンラインサービスを休止しており、この期間はみずほ銀行からお金を下ろしたり振り込んだりできなくなる。10月は6日〜8日の3連休がサービス休止期間だった。Mizuho Suicaへのチャージもみずほ銀行のオンライサービスなので、チャージができなかったというわけだ。

(iza(イザ!)--- 2018年10月9日)
------------------------------------------------------------
posted by monimoni100 at 16:09| 電子マネー関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

楽天Edyとリクルートカードでのチャージ

私は楽天Edyを普段つかっていて、
楽天のクレジットカードからのオートチャージにしています。

が、それはチャージによってつくポイントは1%なんですよね。
それは、普通のポイント付与率です。

そこが、リクルートカードでチャージすると還元率は1.2%だとか。

リクルートカードはわたし持っていないのですが、
チャージする金額が多くなってくるにしたがって
比例して貯まるポイント増えますよね。

ただし、リクルートカードは3万円までのチャージ分しか
ポイントが付かないので周囲が必要なようです。

3万円まではリクルートカードでチャージして、
あとは楽天カードからのチャージ、
と使い分けるつもりがあるなら、
それも利用する甲斐があるのかも。

とはいっても、そのために
リクルートカードを作るのは
私的には考えません。

あまりクレジットカードを作っても
管理が大変になるし、
貯まるポイントもバラバラになりますからね。

------------------------------------

リクルートカードは電子マネーへのチャージに強いクレジットカード。チャージ時のポイント還元率が1.2%で、貯まったリクルートポイントはPontaポイントへと交換できます。

楽天Edyへのチャージで使う場合はJCBがポイント対象外となりますので、「VISA・Mastercard」のどちらかから選びましょう。

ただし、2018年4月16日から、リクルートカードを使った電子マネーチャージでポイントが得られるのは、合計で3万円分のチャージまでとなりました。

(bitWave--- 2018年10月4日)
------------------------------------------------------------
posted by monimoni100 at 16:38| クレジットカード関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

新デザインの三井住友VISAデビュープラスカード

若い人向けのクレジットカード、
デザインにもこだわったものが出されているようです。

最近はかわいいキャラクターとか、
人気のあるアーティストコラボしたものなどいろいろありますが、
「三井住友VISAデビュープラスカード」は、
18〜25歳を対象としていて、
三井住友カードが提供するポイントサービスのポイントがお得につくようになっているとか。

カードデザインも、ブラックとピンクと、
新デザインが追加され、
そのデザインは若い人たちのアンケートの結果うまれたとか。

若い人たちはアプリなどで現金ではない決済になれていると思いますが、
さらに利用の促進をするためにはカードのデザインもきっと一役買うでしょうね。

デビュープラスカードは25歳以下の人向け限定のクレカですが、
JCBなんかも若い人限定のクレカを出していますよね。

やはり、若いころから顧客として囲い込みたいという
戦略による展開なのでしょうね。

------------------------------------

「三井住友VISAデビュープラスカード」は18歳〜25歳(高校生を除く)を対象としたクレジットカードです。三井住友カードが提供するポイントサービス「ワールドプレゼント」のポイントも「三井住友VISAデビュープラスカード」なら通常カードの2倍・入会後3ヶ月間は5倍となっており、初めてクレジットカードを持つ方に大変おすすめの一枚となっています。

今回発行する新デザイン「スクエア・ブラック」「アプリコット・ピンク」は、実際に社内および社外のアンケートにお答えいただいた18歳〜25歳の方の声を反映させたデザインとなっています。

(PR TIMES (プレスリリース)--- 2018年9月28日)
------------------------------------------------------------
posted by monimoni100 at 19:21| クレジットカード関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

天丼てんやが現金決済なしのお店

天丼のてんや、カジュアルで行きやすい天丼やさんです。

そればかりか、かなまり美味しいと私は思います。
地元で評判の天どん屋さんに比べて
引けを取らないと思います。

その天丼のてんやが、
現金を取り扱わないお店を開店させるとか。

訪日外国人客の多い店舗を対象としていて、
クレジットカードが電子マネーだけでの決済になるそうです。

思いきりましたね。

導入される一号店は浅草雷門店。

ここは確かに外国人観光客が多いですが、
日本人としても下町情緒を楽しみにいくイメージがあります。

そういうところで現金決済なしで受け入れられる、
というのが時代の流れだなと思います。

政府もキャッシュレス化にかなり本気ですから、
今後、こういう現金決済ナシのお店も増えていくのかも。

------------------------------------

ロイヤルホールディングス(HD)傘下のテンコーポレーションは「天丼てんや」で現金を取り扱わない完全キャッシュレスを導入する。「大江戸てんや」(予定)という新型の店舗を訪日外国人客の多い店舗を対象として展開する。第一号店は、天丼てんやの浅草雷門店。2018年10月2日より、新型の店舗としてリニューアルオープンする。来店客はクレジットカードや電子マネーを利用して決済する。

(日経xTECH-- 2018年9月19日)
------------------------------------------------------------
posted by monimoni100 at 18:45| 金融関連全般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする